ROフィルター
説明 逆浸透装置は、半透膜の圧力差の作用で塩水を浄化する装置です。それは自然の浸透方向に反するため、逆浸透と呼ばれます。材料が異なれば浸透圧も異なります。より大きな浸透圧を採用する逆浸透法は、分離、抽出、精製、および凝縮する目的を得るために使用されます。 逆浸透により、97%以上の可溶性塩と99%の接着剤、微生物、粒子状物質、有機物質などを除去できます。これは、純水、超純水、空域水などの最新プログラムの最も優れた機器になります。装置の顕著な特徴は、より低いエネルギー消費、汚染なし、簡単な技術、高い水質、簡単な操作とメンテナンスとして示されています。 処理する: 原水→原水タンク→原水ブースターポンプ→メカニカルフィルター→活性炭フィルター→精密フィルター→高圧ポンプ→逆浸透成分→純水タンク→純水 特徴: 1)プレフィルター、フィルターカートリッジ、高圧ポンプ(1回目、2回目)、メンブレンハウジング、ROメンブレン、低圧スイッチ、高圧スイッチ、高圧ゲージ、低圧ゲージ、TDSメーター、流量計、リサイクル調整バルブ、リサイクルチェックバルブ、ポストポンプアジャストバルブ、コンセントレートアジャストバルブ、インレットソレノイドバルブ、フラッシングソレノイドバルブ、電気制御。 2)その他の仕様はお客様のご要望に応じてご利用いただけます